未来のためにしっかり治す|他人事では無い甲状腺の病気|女性を好む病
病棟

他人事では無い甲状腺の病気|女性を好む病

未来のためにしっかり治す

女性

実績のある病院で治療する

脳動静脈奇形とは脳内の動脈と静脈がつながってしまっている、先天的な病気のことを指します。動脈は心臓から出発した血液が流れている血管であり、静脈は心臓へと戻る血液が流れる血管です。脳動静脈奇形は、この動脈と静脈が直接つながってしまっている病気であり、つながっている部位では血液が滞り、動脈の圧力が静脈内に負荷をかけています。治療は基本的に脳動静脈奇形を摘出するか、もしくは薬剤を患部に届けて閉塞しさせる方法が採られます。脳血管の手術となると高度な技術が必要となるため、できるだけ信頼できる病院に任せたいものです。病院の評判は経験の数で決まってくることが多く、脳神経外科での手術実績が多いほど評価も高い傾向にあります。脳神経外科のある各病院のホームページでは、これまでの治療実績なども記載されていることが多いので参考にすることができます。

放射線治療で治す

脳動静脈奇形の治療は、カテーテルを通して薬剤を投入し患部を閉塞させる手術か、患部を摘出する開頭手術で行われます。カテーテルで治療では、股の付け根にある大腿動脈からカテーテルを挿入し、脳内まで誘導して治療することになるため、体に重い負担はかかりません。開頭手術では、摘出しやすい位置の頭蓋骨を開き、直接目視で確認しながら行われます。ただ、場合によっては、手術では摘出が困難な部位に脳動静脈奇形が存在していることもあります。そういった場合は、放射線治療に対応している病院を受診して治療を受けると良いでしょう。特に放射線治療の中でも、ガンマナイフ治療ができる病院であれば、より正確に放射線を当てて、患部を閉塞させることができます。放射線治療は、カテーテル治療と併せて行われることもあり、様々なアプローチで治していくことができます。