医療の進歩|他人事では無い甲状腺の病気|女性を好む病
病棟

他人事では無い甲状腺の病気|女性を好む病

医療の進歩

カウンセリング

症状など

脳腫瘍という言葉を聞くと、昔は怖いというイメージでした。脳腫瘍には、良性のものも多く、取り除けば高い確率で治癒します。原発性脳腫瘍の半数は良性と言われています。症状としては、腫瘍が脳の中で大きくなり組織を圧迫することによって起こる、頭蓋内圧亢進症状があります。また、原発性脳腫瘍が他の臓器に転移することは、殆どないと言われているのに対し、他の臓器のガンが脳に転移してしまう場合があります。この場合は、転移性脳腫瘍と診断されます。代表的な症状として、頭痛があげられます。この頭痛が酷くなっていったり、めまいや吐き気・嘔吐も出てきた場合は他の病気の場合もあるので、注意が必要です。話し方や話す内容もおかしくなる場合があります。

治療や予後

脳内の神経が圧迫されることにより、視神経に以上が起きることもあります。子どもの脳腫瘍の場合は、白血病の次に多いがんだと言われています。また、症状も頭痛や嘔吐だけではなく、手足の麻痺や歩行が普通に出来ない、けいれん発作が起こるなど色々な症状が起こります。脳腫瘍といっても、腫瘍ができる場所によって違う症状が現れたりします。治療としては、手術でとるのが最も有効な治療法だとされています。しかし、手術ですべてを綺麗に切除できない場合もあります。近年では、様々な手術機器が開発されて、腫瘍を全部摘出できる確立が高くなっています。位置の問題で手術が出来ない場合は、放射線療法や化学療法や温熱療法などを行います。