がん治療の新しい形です|他人事では無い甲状腺の病気|女性を好む病
病棟

他人事では無い甲状腺の病気|女性を好む病

がん治療の新しい形です

病院

免疫療法をご存知ですか

日常の生活の中にはウィルスが溢れていて日々数えきれないほどのウィルスが体内に侵入しています。しかし、体調を崩すことなく生活することができるのは人に備わっている自然治癒力の効果によるものといわれています。ウィルスの影響によりがん化した細胞は時に悪化することもありますが、初期の段階でがん化した細胞を撃退してくれる免疫療法が注目されています。その一つに樹状細胞療法があります。樹状細胞は皮膚をはじめ体内のさまざまな所に分布しており、がん細胞の発見から撃退までを行う特性を持っています。この特性を生かし、樹状細胞療法は治療の難しい様々な世代の患者に適応できる治療法となるために更なる進化を目指して研究が続けられています。

高齢者にも効果的です

樹状細胞はがん化した細胞を見つけ出し、その特性を樹状細胞自ら分析して、攻撃部隊であるリンパ球へ情報を伝える司令塔となっています。がん化した細胞を見つけると木の枝のように手足を伸ばしてがん細胞の一部を体内に取り込みます。そしてその細胞を分析して自らリンパ球の所へ移動してがんの特徴を伝えます。リンパ球はがん細胞を認識することができるため、その情報を元に撃退を行います。全て自分の体の中で生成された細胞たちが行うこの樹状細胞療法は、培養して数多く分布させることにより効果が増大します。また副作用もなく、がん治療の摘出手術や放射線治療のようなリスクも激減することができます。この樹状細胞療法は高齢者や体力に自信がなく治療を断念していた人にも効果が期待できる治療法です。